音名とは?日本語・英語・イタリア語・ドイツ語にて実音の呼び方や名称を国別に解説!

コード進行/音楽理論

音名とは、「音の呼び方」を指す言葉であり、最も有名なモノとして「ドレミファソラシド」が挙げられます。

この記事では、楽典や音楽理論を習得するために必要な「音名の基本」について、以下に詳しく解説を進めて行きます。

音名とは?

YouTube/動画

Podcast/音声

Apple Podcastsで聴く
Google Podcastsで聴く
Amazon Musicで聴く

国別の音名(音名をアルファベットに置き換える)

日本語(ハニホヘトイロハ)・英語・イタリア語・ドイツ語

 

この投稿をInstagramで見る

 

小杉 圭佑(@k_sensei_music)がシェアした投稿

4カ国語の音名の一覧表

 

この投稿をInstagramで見る

 

小杉 圭佑(@k_sensei_music)がシェアした投稿

臨時記号がついた場合(シャープ・フラット・ダブルシャープ・ダブルフラット)

音名を理解すると出来るようになるコト

楽典・コード進行・音楽理論の学びをスタートできる(音階・スケールなど)

五線譜を用いた楽譜が読めるようになる(ト音記号・へ音記号・大譜表・調号など)

楽譜を読んで楽曲の演奏ができるようになる

効率の良い音名の覚え方

ピアノやキーボードの鍵盤に音名のシールを貼る

白鍵と黒鍵を分けて覚える

音名と階名との違いについて

 

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP